>

いつ災害が起こっても良いように

賞味期限が長いものを選択しよう

いつ災害が起こっても良いように、水や食料をあらかじめ確保しておくのは良い方法です。
選択する際は、必ず賞味期限をチェックしてください。
すぐ賞味期限が切れてしまうような商品は、購入してはいけません。
防災グッズを用意する時は、なるべく賞味期限が長いものを選択しましょう。
また1回備えて、それでもう大丈夫だと油断しないでください。


時間が経過すれば、賞味期限が切れてしまいます。
災害が起こって非常食を食べようと思った時に、賞味期限が切れていたら困りますよね。
非常食を用意したら、頻繁に賞味期限が切れていないか調べましょう。
切れていたら新しくすることで、いつ災害が起こっても非常食を食べることができるので安心です。

普段食べ慣れているもの

思ったよりも、災害が長引く可能性があります。
するとずっと非常食で生活を送らなければいけません。
普段と異なる食生活だと、ストレスが溜まってしまう可能性があります。
災害時にストレスを溜めないようにするには、非常食を普段食べ慣れているものにするのが良い方法です。
今は、おいしいレトルト食品がたくさん販売されています。

また温めなくても良いので、火や電気が使えない時でも助かりますね。
普段の食事でも、非常食を食べてみるのが良い方法です。
味に慣れていれば、実際に災害が起こって毎日非常食になっても、大きなストレスを感じることはありません。
避難所生活は、かなりストレスが溜まります。
余計なストレスを感じない工夫をしましょう。


この記事をシェアする

トップへ